NCBダイレクト(インターネットバンキング)サービスのセキュリティに関する取組みと機能追加のお知らせ(2018年4月16日)

2018年4月16日(月)、NCBダイレクト(個人のお客さま向けインターネットバンキング)について、セキュリティに関する取組みと機能追加を行いました。

今後も、お客さまにより便利にご利用いただけますようサービス改善を行ってまいります。

実施日時

2018年4月16日(月)午前6時~

実施内容

  • ログイン時ワンタイムパスワード利用推奨画面の設置
  • 外貨普通預金入出金明細照会の取引後残高表示
  • Web口座明細照会(オフライン明細照会)の期間延長(13ヶ月⇒37ヶ月)
  • 外貨普通預金明細照会の期間延長(10ヶ月⇒13ヶ月)

機能追加の内容

ログイン時ワンタイムパスワード利用推奨画面の設置

  • ワンタイムパスワードを利用されていないお客さまがNCBダイレクトにログインした際(確認番号の入力後)に、ワンタイムパスワードのご利用を勧める画面が表示されます。
  • お客さまの大切なご預金をお守りするために、是非ワンタイムパスワードをご利用ください。
  • ワンタイムパスワードの概要・お申込み方法についてはこちら

個人向け国債の購入画面

外貨普通預金入出金明細照会の取引後残高表示

  • 外貨普通預金入出金明細照会画面に取引後残高が表示されます。
    (スマートフォンの場合、入出金明細照会画面で明細をタップした後の詳細に表示)
  • 取引後残高の追加と合わせて、項目名の変更および並び替えを実施しています。
パソコン画面
スマートフォン画面

Web口座明細照会(オフライン明細照会)の期間延長(13ヶ月⇒37ヶ月)

  • Web口座(ネットスタイル)について、入出金明細照会の期間を平成29年4月1日より最長13ヶ月から37ヶ月へ延長します。
  • 有通帳口座の入出金明細照会期間は、今まで通り3ヶ月です。

外貨普通預金明細照会の期間延長(10ヶ月⇒13ヶ月)

  • 外貨普通預金について、預金明細照会の期間を平成29年7月1日より最長10ヶ月から13ヶ月へ延長します。