貝原益軒 年譜

年次 西暦 年齢 事項
寛永7 1630 1 11月14日福岡城内に生まれる
  • 寛永9-10年、黒田騒動
  • 寛永14年-15年、島原の乱
慶安元 1648 19 忠之に御納戸御召料方として仕える(4人扶持)
〃 3 1650 21 忠之の怒りにふれ致仕(辞職)
明暦2 1656 27 光之に仕える(6人扶持)
〃 3 1657 28 京都遊学、木下順庵、山崎闇斎に接す
以後上京多し。
寛文8 1668 39 秋月藩士江崎広道の娘、初(東軒夫人17歳)と結婚
延宝6 1678 49 黒田「家譜12巻」を著す(宝永元年に15巻本に)
元禄4 1691 62 東軒夫人と上京巡遊
〃 9 1696 67 知行3百石に加俸
  • 宮崎安貞の「農業全書」完成
〃 12 1699 70 「和字解」、「日本釈名」、「三礼口訣」
〃 13 1700 71 勤務をとかれる
〃 16 1703 74 「筑前国続風土記」
宝永5 1708 79 「大和本草16巻」
〃 7 1710 81 「和俗童子訓」(5巻は女大学)
正徳3 1713 84 東軒夫人没(62歳)
〃 4 1714 85 8月27日没(85歳)、「養生訓」、「諸州巡覧記」、「日光名勝記」、「慎思録」、「大疑録」など終生の著書、98部247巻

※年齢は数え年