広田 弘毅 年譜

明治2(1878.2) 広田弘毅誕生
昭和3(1928.6) 張作霖爆殺(満州某重大事件)
昭和5(1930.11) 浜口雄幸首相狙撃される
昭和6(1931.9) 満州事変おこる
昭和7(1932.3) 満州国建国宣言
昭和7(1932.4) リットン調査団、満州事変の現地調査
昭和7(1932.5) 陸海軍将校首相官邸などを襲撃、犬養首相(78)射殺さる
(五・一五)
昭和8(1933.3) 国際連盟より脱退
昭和11(1936.2) 陸軍青年将校ら重臣らを襲撃、内相斉藤実(79)蔵相高橋是清(83)を殺害
昭和11(1936.3) 広田弘毅総理就任
昭和12(1937.7) 蘆溝橋事件(日中戦争開始)
昭和13(1938.11) 近衛首相、東亜新秩序建設を声明
昭和14(1939) 独ソ不可侵条約調印。ドイツ、ポーランド侵入、第二次世界大戦はじまる
昭和16(1941.10) 東条英機内閣成立
昭和16(1941.12) 真珠湾攻撃、対米英蘭宣戦布告(太平洋戦争開始)
昭和17(1942.1) 学徒出動命令出る
昭和17(1942.6) ミッドウェー海戦
昭和19(1944.10) 神風特攻隊初出撃
昭和20(1945.8) 広島・長崎に原子爆弾投下される。天王「終戦」詔勅放送。
昭和20(1945.9) 降伏文書に調印。
昭和20(1945.5) 極東軍事裁判開廷
昭和21(1946.11) 極東軍事裁判判決
昭和23(1948.12) 広田弘毅死刑