「福岡の野鳥」

メジロ
留鳥。全長約11cm。名のとおり目の周囲が白い。冬には群れて、公園や庭でツバキの蜜など吸う。
キジバト
留鳥。全長約33cm。俗名やまばと、最近では、都心の街路樹に営巣するほど都市化しはじめた。
シジュウカラ
留鳥。全長約14cm。ツーピー・ツーピーと澄んだ声で繰り返し鳴く。巣箱をかけてやるとよく入る。
ホオジロ
留鳥。全長約17cm。原野、雑木林などで普通に見られ、梢で「一筆啓上」と歌う。福岡市の鳥。
モズ
漂鳥。全長約20cm。秋になると梢で鋭く高鳴きするのでよく目立つ。小鳥類が恐れるほど気が強い。
イカル
漂鳥。全身約23cm。黄色の太い嘴(くちばし)が特徴。堅い実を口の中で回しながら食うので、別名“豆まわし"。
ヒヨドリ
漂鳥。全長約27cm。庭に来る定連。最近市街地での繁殖も目につく。ヒーヨ、ヒーヨとやかましく鳴く。
ツグミ
冬鳥。全長約24cm。渡ってくる同類の中では最も数が多い。色は地味で、庭の餌台でも用心深い。
シロハラ
冬鳥。全長約24cm。ヤブの地面で虫などの餌をさがす。庭にもくる。"かっちょ"の地方名で通る。
ジョウビタキ(オス)
冬鳥。全長約15cm。オスの胸のオレンジ色が美しい。よく庭にきて人を恐れない。別名"紋付鳥"。

ホシハジロ

冬鳥。全長46~58cm。淡水域を好む中型のカモ。大濠公園には毎年3千羽が渡ってくる。

キレンジャク
冬鳥。全長約19cm。とさか状の冠羽が特徴。庭の木の実に群れてくる。尾の先が赤いのはヒレンジャク。
ゴイサキ
留鳥。全長約60cm。背中は緑黒色、翼は灰色。夕方から活動し、川や池で魚やカエルなどをあさる。
バン
留鳥。全長約23cm。体は全体が黒く、嘴と額の赤が目立つ。水辺の草むらに生息し、泳ぎもうまい。
シロチドリ
留鳥。全長約15cm。干潟や河口の砂の上をエサを求めて軽快に動く。冬になると大きな群れになる。
ユリカモメ
冬鳥。全長38~43cm。小型のカモメで数も多く、市街地の河川を上流までのぼる。福岡市の鳥。
ダイサギ
夏鳥。一部冬鳥。全長85cm~102cm。翼を広げると150cm以上で、白サギの中では最大種。
ハクセキレイ
冬鳥。全長約21cm。海岸や河川下流部に生息し、市内のビルの広告塔や街路樹に集団でねぐらをとる。
オナガガモ(オス)
冬鳥。オスは全長51cm~74cm。尾羽が目立って長い。メスは小型。和白干潟では大群が見られる。
ミヤコドリ
冬島。全長40cm~45cm。嘴と脚の赤が鮮やかな珍鳥。和白干潟には、7~8羽の渡来がつづいている。
メジロガモ
迷鳥。全長約41cm。ヨーロッパ・中東系のカモ。90年2月平和台前の濠で発見され、全国の話題になった。