久保猪之吉、より江/曽田公孫樹 年譜

年号 久保猪之吉、より江 曽田共助(公孫樹)
明治7 1874 12月26日福島県安達郡本宮町で出生。
17 〃84 宮本より江9月17日、愛媛県松山市で出生。
18 〃85 10月20日新潟柏崎で出生。
  • ※より江の事項は、首部に、より江と記している。その他は猪之吉の事項。
  • ※旧制2高より、九州大学医学部入学、久保猪之吉教授の耳鼻咽喉科を専攻。卒業後、教授につき、九州大学医学部勤務。
24 〃91 福島県立尋常中学校(2年より安積中学校に名称変更)卒業。
  • 旧制第一高等学校入学。
  • 一高時代、落合直文の知遇を受け短歌革新結社「淺香社」に入る。
29 〃96 東京帝国大学に入学。耳鼻咽喉科専攻。
31 〃98
  • 読売新聞に短歌を発表し始める。
  • 淺香社脱退。服部躬治ら五人と和歌革新の「いかづち会」を結成。
33 1900 2月に大学卒業。
34 〃01 1月 耳鼻咽喉科岡田和一郎教授につき副手7月助手。
36 〃03
  • 5月 宮本より江と結婚。
  • 6月 ドイツのフライブルグ大学留学。グスタフ・キリアン教授につく。12月東京帝国大学福岡医科大学(九州大学)助教授。
40 〃07
  • 1月 帰国。
  • 京都帝国大学福岡医科大学教授に任じられ、福岡市東公園に居住(のち、赤坂門に移る)。
  • 2月 耳鼻咽喉科教室を開設。
  • 6月 「福岡医科大学雑誌」発刊、編集担当
  • 8月 医学博士・このころ日本最初の気管支鏡による異物摘出。「いかづち会」自然解消。
44 〃11 4月 九州帝国大学医科大学に名称を変更。写真や、ベゴニア蒐集に熱中。
45 〃12 4月、夏目漱石の依頼で喉頭結核の、アララギ派の歌人、長塚節を診察(大正4年2月九大病院で死亡)。 長塚節の主治医となる。
大正2 〃13
  • 1月、若山牧水来訪。
  • 2月 文芸雑誌『エニグマ』発行。
  • 7月~翌年1月までイギリスへ出張。万国医学会出席。
「エニグマ」編集に関与、短歌を寄せる。
5 〃16 小倉市立病院耳鼻咽喉科医長。
6 〃17 9月高浜虚子来福、吉岡禅寺洞と交遊。
8 〃19 九州帝国大学医科大学が九州帝国大学医学部になる。 小倉市堺町に耳鼻咽喉科医院開業。
10 〃21 九州帝国大学付属病院長。
11 〃22 俳誌「ホトトギス」初掲句。
13 〃24 月~翌年2月まで欧米へ出張。
  • ※文化関係ほかの来訪が多く、開放された客間が次第に文化サロンとなった。
昭和2 〃27 月「久保記念館」完成。
3 〃28 コペンハーゲン開催の第1回万国耳鼻咽喉科学会に5月~11月まで欧米へ出張。
8 〃33 小倉郷土会発足、会長。機関紙「豊前」発行。毎月の例会の会場は曽田邸であった。
9 〃34 フランス政府よりレヂオン、ドヌール勲章。
10 〃35 2月7日退官(九州大学名誉教授)。東京聖路加病院顧問。東京都市麻布区笄町に移る。
14 〃39 11月12日逝去。享年66歳。青山墓地に埋葬。
15 〃40 横山白虹とともに「良夜句会」を自宅で開始。
16 〃41 より江5月11日逝去。享年57歳。青山墓地に埋葬。
健康を害する。医院は九大関係の医師たちにより昭和31年まで継続。
22 〃47 九州帝国大学医学部が九州大学医学部となる。
  • ※専門的論文は邦文530篇、欧文42篇。
    ほかに医学史論文も多い。医学外文章172篇を発表。
27 〃52 小倉郷土会復活、機関紙「記録」に。
38 〃63 7月5日逝去。享年78歳。