松本清張 年譜

西暦 年代 事項 年齢
1909 明治42年 12月21日、福岡県企救郡板櫃村(現、北九州市小倉北区)で出生。
父・峯太郎、母・タニ。
1916 大正5年 下関市立菁莪尋常小学校入学。 8歳
1924 13年 小倉私立板櫃尋常高等小学校(現、清水小学校)卒業。
川北電気株式会社小倉出張所の給仕。月給11円。
16歳
1928 昭和3年 小倉の高崎印刷所に就職。 20歳
1929 4年 文学仲間のプロレタリア雑誌購読の余波から小倉署にアカ狩りで検挙され10数日留置。 21歳
1931 6年 祖母カネ死(83歳) 23歳
1933 8年 福岡市の島井オフセット印刷所で、半年間版下工を修業。 25歳
1937 12年 朝日新聞九州支社の広告版下を手がけ、14年広告部嘱託、15年雇員、17年34歳正社員。 29歳
1943 18年 続いて応召。
1945 19年 終戦を朝鮮全羅北道井邑でむかえ10月復員。 37歳
1950 20年 「週刊朝日」の“百万人の小説”に応募した「西郷札」が3等入選。賞金10万円。
26年国鉄観光ポスター公募に応じた「天草へ」が次席の推選賞。
42歳
1952 25年 「或る「小倉日記」伝」を発表。日本宣伝美術協会(日宣美)の九州地区委員。 43歳
1953 27年 「或る「小倉日記」伝」で第28回芥川賞。11月朝日新聞東京本社に転勤。 45歳
1954 28年 家族を東京によびよせる。練馬の家は6畳1間と4畳半2間に8人家族だった。 46歳
1956 29年 朝日新聞退社。 48歳
1957 31年 母・タニ死(78歳)。練馬区上石神井に移る。雑誌「旅」に「点と線」を連載。 49歳
1958 32年 「点と線」「眼の壁」がベストセラーに。“社会派推理小説”ブームおこる。
週刊朝日の「黒い画集」ほか。
50歳
1960 33年 文藝春秋に「日本の黒い霧」連載。“黒い霧”が流行語に。 52歳
1961 35年 東京都杉並区高井戸に自宅新築。 53歳
1962 37年 父・峯太郎死(89歳) 54歳
1967 42年 第1回吉川英治文学賞。45年第18回菊池寛賞。 59歳
1971 46年 日本推理作家協会会長(1974年まで) 63歳
1990 平成2年 89年度朝日賞。 82歳
1992 4年 8月4日死去。(満82歳) 84歳