門司の歴史

西暦 年代 事項
1185 文治元年
(寿永4年)
壇ノ浦の合戦で平家滅亡。
1600 慶長5年 細川忠興入国。
1612 17年 宮本武蔵、佐々木小次郎 巌流島で勝負。
1632 寛永9年 小笠原忠真入国。細川氏肥後へ。
1889 明治22年 市町村制施行により文字ケ関村発足。

門司港特別輸出港指定。
1891 〃 24年 九州鉄道(株)門司駅として開業。
[門司-高瀬(熊本)間開通]

九州鉄道(株)本社、門司に移転。

大阪商船門司出張所設立。
(明治30年に支店)
1892 〃 25年 「門司新報」発刊。
1894 〃 27年 門司町制施行。
1898 〃 31年 日本銀行西部支店、門司開業。
1899 〃 32年 門司市制施行。
1901 〃 34年 門司-下関鉄道連絡船就航。
1903 〃 36年 林芙美子門司で出生。
1907 〃 40年 九州鉄道国有化される。
1908 〃 41年 九州電氣軌道(株)設立。
1914 大正3年 現、門司港駅舎完成。
1917 〃 6年 商船三井ビル建設。
1921 〃 10年 門司三井倶楽部開館。
1922 〃 11年 アインシュタイン博士夫妻滞在。
1942 昭和17年 関門鉄道トンネル開通。
門司駅、門司港駅に改称。
九州電氣軌道(株)、西日本鉄道(株)に改称。
1958 〃 33年 関門国道トンネル開通。
1963 〃 38年 五市(門司、小倉、若松、八幡、戸畑)合併。
1973 〃 48年 関門橋開通。
1985 〃 63年 門司港駅、国の重要文化財指定。
1990 平成2年 旧門司三井倶楽部、国の重要文化財指定。