杉田久女

暦年 年齢 できごと
1890 明治 23年 0歳 5月30日、赤堀廉造、さとの三女として鹿児島に出生。本名、久。小学時代は沖縄と台湾。
1907 40年 17歳 東京女子高等師範学校付属お茶の水高等女学校卒業。
09 42年 19歳 東京上野美術学校西洋画科卒の杉田宇大と結婚。宇大の福岡県立小倉中学校絵画教師奉職に従い小倉へ。
11 44年 21歳 長女昌子出生
1916 大正 5年 26歳 次女光子出生。次兄赤堀月蟾より俳句の手ほどきを受ける。
17 6年 27歳 「ホトトギス」一月号の「台所雑詠」に、5句初載「鯛を料るに爼板せまき師走かな」。高浜虚子に会う。
18 7年 28歳 「ホトトギス」4月号「雑詠」に「艫の霜に枯れ葉舞ひ下りし鴉かな」初載。
19 8年 29歳 大阪毎日新聞懸賞小説に応募「河畔に住みて」佳作 屮曠肇肇・后6月号に「花衣ぬぐや」の句載る。
中村汀女を知る。
22 11年 32歳 「ホトトギス」2月号「足袋つぐや」載る。
3月25日、虚子を櫓山荘に迎える。
橋本多佳子を知る。
1929 昭和 4年 39歳 「ホトトギス」400号記念で大阪へ。
多佳子を山口誓子に紹介。
31 6年 41歳 東京日々、大阪毎日共催の新名勝俳句山岳の部で「谺して山ほととぎすほしいまま」が金賞。
32 7年 42歳 句集の序文を虚子拒む。9年に再度頼むが容れられず。
36 11年 46歳 2月渡欧の虚子を門司に見送る。10月、禅寺洞、日野草城とともに「ホトトギス」誌に除籍社告。
45 20年 55歳 太宰府県立筑紫保養院へ入院
46 21年 56歳 1月21日、腎臓病悪化で死去。
52 27年 長女石昌子により、虚子の序句をもらって「杉田久女句集」刊行(角川書店)。
その他
暦年 年齢 できごと
1959 昭和 34年 85歳 高濱虚子没。
61 36年 71歳 吉岡禅寺洞没。
94 平成 6年 93歳 山口誓子没。