1. NCBビジネスダイレクト〔ダイレクト照会・振込サービス〕

「NCBビジネスダイレクト」利用規定

1. NCBビジネスダイレクト〔ダイレクト照会・振込サービス〕

第1条 NCBビジネスダイレクト〔ダイレクト照会・振込サービス〕の取扱い

  • 1. NCBビジネスダイレクト〔ダイレクト照会・振込サービス〕の内容
    NCBビジネスダイレクト〔ダイレクト照会・振込サービス〕(以下「ダイレクト照会・振込サービス」といいます)は、パソコンなど当行所定の機器を用いた契約者(以下「契約者」といいます)からの依頼に基づき、振込・振替手続等を行うサービス、口座残高照会等の契約者の口座情報の提供を行うサービス、その他当行所定のサービスを行います。(この定めには各サービスの開始時期を含みます)
  • 2. サービス利用時間
    「ダイレクト照会・振込サービス」の利用時間は当行所定の時間内とします。なお、当行はこの利用時間を契約者に事前に通知することなく変更する場合があります。
  • 3. 代表口座
    1. (1)契約者は、あらかじめ、申込書により、当行本支店における契約者名義の普通預金または当座勘定を代表口座として当行に届け出るものとします。
    2. (2)代表口座は、サービス利用口座であることとし、またサービス利用手数料等の決済口座を兼ねるものとします。
  • 4. サービス利用口座
    1. (1)契約者は、あらかじめ、申込書により、代表口座と口座開設店が同一である契約者名義の普通預金または当座勘定を、本サービスを利用できるサービス利用口座として当行に届け出るものとします。
    2. (2)サービス利用口座として登録できる口座数上限及び口座種目は、当行所定のものとします。
    3. (3)サービス利用口座を追加・解除する場合、申込書により当行へ届け出るものとします。

第2条 振込・振替取引

  • 1. 振込取引の内容
    1. (1)「ダイレクト照会・振込サービス」による資金移動取引のうち、当行または他の金融機関の国内本支店の口座を契約者が「入金指定口座」とし、その「入金指定口座」あてに行う資金移動取引を、当行は「振込」として取扱います。なお、振込の受付にあたっては、当行所定の振込手数料(含む、消費税。以下「手数料等」といいます。)をお支払いいただきます。
    2. (2)資金決済口座(支払口座)は、「サービス利用口座」として登録されている、普通預金、当座勘定とします。振込先として指定できる取扱店は、当行の国内本支店及び「全国銀行データ通信システム」に加盟している金融機関の国内本支店とします。
  • 2. 振込取引の内容
    前項による資金移動取引のうち、「サービス利用口座」と同一名義かつ同一の取扱店にある口座を契約者が「入金指定口座」とし、その「入金指定口座」あてに行う資金移動取引を、当行は「振替」として取扱います。
  • 3. 上限金額の設定
    サービス利用口座1日あたりの振込振替処理依頼限度額は、当行所定の振込振替、払込限度額の範囲内または契約者により登録された振込振替、払込限度額の範囲内とします。なお、当行は契約者に事前に通知することなく当行所定の振込振替、払込限度額を変更することがあります。
  • 4. 処理指定日の指定方法
    1. (1)処理指定日は、契約者のパソコン等の端末から指定して振込または振替を依頼してください。この場合、当行所定の期間の銀行営業日を指定する取扱いが受けられるものとします。なお、当行は契約者に事前に通知することなくこの期間を変更することがあります。
    2. (2)契約者の依頼した取引については、当行の定める処理を行うまでは取消しを受付けます。ただし、この時間を過ぎての取消しはできませんので予めご了承ください。
  • 5. 依頼内容の訂正・組戻し
    振込手続において、「入金指定口座」への入金ができない場合には、契約者は当行あてに当行制定の組戻依頼書等を書面により提出するものとし、当行は組戻依頼書等の提出を受けたうえで訂正及び組戻手続を行うものとします。組戻手続を行う場合、本条第1項第1号の振込手数料(消費税等を含む)は返却しません。また、組戻しにつきましては別途組戻手数料がかかりますので、予めご了承ください。
  • 6. 振込資金の交付等
    1. (1)振込・振替資金の引落しは、依頼取引実行時に契約口座から自動的に引落します。なお、予約扱いの場合は、振込・振替指定日の前営業日までに振込・振替資金を契約口座に準備しておくものとします。
    2. (2)振込資金は、普通預金規定、総合口座取引規定、当座勘定規定にかかわらず、普通預金通帳および払戻請求書または当座小切手の提示なしに指定預金口座から自動的に引落します。
    3. (3)振込・振替契約は、振込・振替資金を当行から引落した時に成立するものとします。

第3条 口座情報の提供

  • 1. 内容
    当行は契約者からの依頼により、「サービス利用口座」として登録されている口座について、各種の照会(残高照会、入出金明細照会等)サービスを行います。
  • 2. 口座情報
    1. (1)照会サービスでは、当行が定める期間の取引内容を回答します。ただし、当行はこの期間を契約者に事前に通知することなく変更することがあります。
    2. (2)当行から照会サービスにより回答した内容について、振込依頼人から訂正依頼があった場合、その他の理由により変更があった場合には、内容が変更される場合があります。

第4条 税金・各種料金の払込みの取扱い

  • 1. 払込取引の内容
    1. (1)「ダイレクト照会・振込サービス」による資金移動取引のうち「サービス利用口座」から当行所定の収納機関に対する税金・各種料金の納付する取引を当行は「税金・各種料金の払込み(Pay-easy(ペイジー))(以下、「払込」といいます。)」として取扱います。
    2. (2)当行は、払込にかかる領収証書を発行いたしません。
    3. (3)当行または収納機関所定の回数を超えて、所定の項目の入力を誤った場合は、払込の利用が停止される場合があります。払込の利用を再開するには、必要に応じて当行所定の手続を行ってください。
    4. (4)収納機関の利用時間の変動等により、当行の定める利用時間内でも利用できない場合があります。また、利用時間内であっても、払込依頼に対して当行が収納機関に内容を確認する等の際に当行所定の時間内での手続が完了しない場合には、お取扱いできない場合があります。
    5. (5)収納機関の請求内容および収納機関での収納手続きの結果等その他収納等に関する照会については収納機関に直接お問い合わせください。
    6. (6)収納機関から請求内容についての所定の確認ができない場合には、払込を行うことができません。
    7. (7)収納機関の連絡により、払込が取消されることがあります。
  • 2. 上限金額の設定
    サービス利用口座1日あたりの振込処理限度額は、当行所定の振込振替、払込限度額の範囲内または契約者により登録された振込振替、払込限度額の範囲内とします。なお、当行は契約者に事前に通知することなく当行所定の振込振替、払込限度額を変更することがあります。
  • 3. 収納日
    払込における当行の収納日付は「サービス利用口座」から払込資金の引落しが完了した日付をもって収納日付とします。なお、先日付の払込のご利用、および一度収納した払込の取消はできません。
  • 手数料一覧
  • 金利・為替相場
  • 店舗・ATM
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問・各種お手続き