「当日扱い」都度指定方式の振込振替の取扱停止に関するお知らせ

2014年4月21日(月)より「当日扱い」の都度指定方式による振込振替のご利用ができなくなります。
この変更に関して、特にご注意いただきたい点について、お知らせいたします。

  • 取扱停止の対象となる取引は、同一企業内又はグループ会社間の資金移動などの「振替」も含まれます。
    • ※「振込」のみではございません。
  • 都度指定方式による振込振替取引は、指定日の前日までに「予約」にて完了願います。
  • 予約取引をされる場合、資金は指定日「前日」までに支払口座にご準備ください。予約取引の場合、指定日の早朝に資金が引き落とされます。万一、残高不足となった場合、お取引は不成立となり、再度、お取引を行っていただく必要がございますのでご注意ください。
    この場合、都度指定方式の「当日扱い」取引は出来ませんので、当日必要なお取引は窓口・ATM等でのお手続きが必要となります。

今後、NCBビジネスダイレクトのお取引が一部制限されることでご不便をおかけしますが、お客さまの大切なご預金を守るための対策として、新たなセキュリティ対策の構築まで、しばらくの間、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。