お知らせ

国税の「ダイレクト納付」の取り扱い開始についてのお知らせ

国税の「ダイレクト納付」 e-Tax国税電子申告・納税システム

国税の電子納税にかかる新たな納付手段として、平成21年9月1日(火)より開始される「ダイレクト納付」について、同日より、当行預金口座にてご利用いただけますので、お知らせいたします。
ダイレクト納付は、従来の納付方法と比べ、利用金融機関でのインターネットバンキング契約が不要で、金融機関の窓口へ出向かずに、e-Taxからダイレクトに国税の納付手続が行えます。

※国税の「ダイレクト納付」の詳細は、国税庁のホームページをご覧ください。

当行取扱開始日

平成21年9月1日(火)

当行でのご利用にあたって

預金口座種類 普通預金、当座預金、納税準備預金
サービス提供時間 平日8:30〜21:00(祝日を除く)
利用申請手続きについて 国税庁所定の「ダイレクト納付利用届出書」を、納税地等を所轄する税務署へ持参または送付する必要があります。また、前提としてe-Tax利用のための手続きが必要ですので、e-Taxの開始届出書を納税地等を所轄する税務署に提出(送信)していただく必要があります。
(当行口座での利用開始まで20日程度かかります。)

国税の「ダイレクト納付」について

国税庁と金融機関のシステムを接続し、納税者が事前に税務署に届出等をしておけば、e-Tax(国税の電子申告・納税システム)を利用して電子申告等の送信をした後に、届出をした預貯金口座から、ワンクリックで即時または期日を指定して国税を納付することができる新たな納付手段です。

戻る