先輩紹介

行徳 璃沙

銀行のイメージをつくる大事な「顏」として期待以上の満足を

2015年入行/甘木支店 テラー 行徳 璃沙

期待以上のおもてなしを
テラーの仕事は、入金・出金、両替、定期預金などの窓口業務がメイン。意識しているのは、私たちが銀行の「顔」になるということです。当行のイメージを伝える大切な部門になるので、笑顔で気持ち良くご利用いただけるように気を配っています。ご年配の方の立ち座りをサポートしたり、小さなお子様が退屈しないように気づかったり。期待以上のおもてなしをしたいと奮闘する中で、「あなたに出会えて良かった」と言われると心から嬉しくなります。
どんなことにもチャレンジ
入行当初は、銀行業務の専門的な知識を覚えるのはもちろん、幅広い業種のお客さまに対応し、経済からスポーツの話題まで会話を広げていくことに苦労していました。そこで、何にでも興味をもちチャレンジして自分自身の幅を広げようとゴルフや旅行を楽しむようになりました。また、もっと多くの人と出会いたいと陸上をしていた経験を活かし、マラソン大会のボランティアに参加。数多くの経験を通して人間力を磨けていると感じています。
暖かい仲間に出会える
私の目標は、マネーアドバイザーになり当行の魅力をアピールしていくこと。メガバンクから地銀まで競争が激しい福岡エリアで、私という人間を介して当行の魅力を伝えたいと考えています。当行の魅力は温かい人。就職活動で感じた「温かい会社」のイメージは入行した後もそのままで、温かみはさらに増しています。公私関係なく何でも相談できる先輩から「私も同じ失敗をしたよ」と励まされることも多く、勇気をいただきながら前に進める職場が自慢です。