先輩紹介

人を大切にする行風に背中を押されキャリアパスを実現

2002年入行/法人ソリューション部フィナンシャルアドバイザリーグループ 主任 折尾 紗紀子

折尾 紗紀子
広がるファンドビジネス
私たちのグループでは、ファイナンスを必要とするお客さまを支援するサービスを提供しています。私が携わるのは、6次化ファンド等を運営するファンド関連業務。お客さまのビジネスモデルを深く知り、今後のビジネス展開について一緒に考えるなど、深い関係性を築いています。最終的には、限られた期間内に資金回収まで行う目的を持ち、業績を伸ばせるよう真剣に取り組んでいます。
新たな挑戦
入行からずっとリテール部門にいた私。将来のキャリアをあらためて考えた時、銀行業務のウエイトを占める融資を知らないままで良いのかと悩みました。その思いを伝えていたところ、半年前に今の部署へ異動。慣れない業務に苦労もありますが、ここにいるからこそ出会えるお客さま、携われる仕事があると実感しています。ファンド関係の業務はゼロからのスタート。悩みながらも前に進み、お客さまに喜ばれた時は本当に嬉しくなります。
人と人のつながりを育む
当行は一人ひとりを大事にする行風があります。頭取も「人財が大事」と話すように組織全体で人間力の向上をテーマに掲げています。セミナーや研修などで学ぶ機会も多く、そこから自分の進みたい道を見つけることも可能。成長を見守ってくれる上司、励まし合える同僚の存在も心強いものです。また、一人でできる仕事ではないからこそ、銀行とお客さま、行内でもグループ会社や各部門、人と人のつながりを大切に育める環境があります。