先輩紹介

戸川 康彦

より良い未来を築くため人材を育て地域に財産を残す

1990年入行/天神支店 支店長 戸川 康彦

お客さまを守りたい
過去にバブル崩壊やリーマン・ショックを経験し、お客さまの危機に寄り添うなかで辛い経験もありましたが、常に考えてきたのはお客さまをどう守るかでした。そこにマニュアルはなく、解決策を導き出す「引き出し」を自分自身で増やしてきた自負があります。時として、企業、経営者、個人のお客さまへ大きな影響を与える銀行業務ですが、真摯に向き合うことでより良い未来をともに歩くことができるはず。それが地域社会への貢献につながります。
気づきから信頼を構築
支店の運営管理にすべての責任を持つのが支店長の仕事です。非常に重たい責務ですが、だからこそ得られる達成感があります。天神支店の取引社数は行内でもトップレベル。お客さまと関係性を深め、会話の中から顕在化する経営課題に気づき、課題を共有し解決策を考え実現させていくことで絶大な信頼を得ることができます。部下がそこに気づく力をもつよう、成功体験を重ねられるようサポートしていくのも支店長の大事な役割です。
財産を残す人を育てる
私がずっと大切にしてきた経営信条は、誠実・謙虚・積極性の3つです。この3つを兼ね備えることで、お客さまの信頼が得られることを、私自身の経験の中で実証してきました。お客さまと本物の信頼関係を構築できれば、銀行の財産につなげることができます。そのために役立つ知識や経験を部下に伝え、そこで学んだことを有効活用してもらうことで、地域のお客さまや企業に多くの財産を残せる人財を育成したいと考えています。