先輩紹介

海外拠点をもつNCBだから強い。福岡・九州から世界へ

2002年入行/国際部 国際ビジネス支援室 副調査役 渡 大樹

渡 大樹
地場企業の海外進出を支援
お客さまの海外ビジネス展開のための各種支援を行っています。外国送金や外国為替取引の相談・受付、事業展開のための資金ニーズに対応。海外で現地法人の設立、拠点をつくる手続きのサポートまで手掛けます。日本人口の減少とともに国内市場が減少、高齢化で製造業の後継者不足などを背景に、中小企業のお客さまも海外に目を向けるようになりました。銀行の国際ビジネス支援では、メガバンクが強みとする時代を経て、地方銀行に海外のスペシャリストが求められる時代に変わっています。
広がる海外ネットワーク
当行の強みは、アジアに強いこと。香港、上海、ソウルに駐在員事務所があり、2017年3月にはシンガポールにも拠点を開設。アジア圏では実績が多く、現地の国際業務系の豊富な専門家とアライアンスサポートを結び、きめ細かなサポートを提供。ネット環境を含めたインフラ部分でも国内トップレベルの先進的な商品・サービスを展開しています。さらに、2016年9月、ニューヨークやロンドンに拠点を持つ横浜銀行と海外業務提携を結び、海外情報を相互活用することでより多くのニーズに応えられる基盤を築きました。
地域経済に貢献したい
地方銀行でありながら、アジアを中心に各国とつながることができる今の仕事に大きな魅力を感じています。目標は、国際業務なら誰にも負けない信頼を得るバンカーになること。お客さまと顔を合わせて話す時間を大切にしながら、お客さまのビジネスチャンスを掴む、広げることでWin-Winの関係を築きたい。そして、地方銀行の使命として地場企業の育成や支援を通じて地域経済の活性化に貢献するという役割を果たしたいと考えていますし、当行ではそれができると信じています。