教育・研修

教育・研修制度

西日本シティ銀行では、「自己啓発」・「OJT」・「集合研修」の3本柱で、行員の育成を行っています。

  • 自己啓発

    文字通り、自ら問題意識を持って、自分自身で自分の能力を開発していくことです。自分自身に投資を行い、キャリアアップを目指してもらいます。

  • OJT

    一人前に仕事ができるようになるまで、一人ひとりに先輩行員がついて教育します。実際の業務を通じて、スキルアップを目指すことができます。

  • 集合研修

    階級別研修や業務別研修、コンプライアンス関連研修など、新人の間だけでなく、さまざまな種類の研修で断続的に行員の育成を行っています。

お客さまに一番近く、地域に貢献し、期待に応える人づくりを。

西日本FH(フィナンシャルホールディングス)では、当行の源泉かつ飛躍の原動力となる若手行員のココロを育み、
					鍛え、地域の人々のココロも豊かにしていく場として、新たに「ココロ館」を設置します。(平成29年2月竣工)

ココロ館は、「人間力の向上」をテーマに、研修施設・男女独身寮・体育館や文化関連施設等を兼ね備えた人財育成施 設です。300人を収容できる大ホールをはじめ、模擬店舗やPC・端末研修室等の最新の設備を完備。自己啓発を促進 する学習室等の環境を整え、当行の将来を担う人財を育成します。また、図書室・歴史資料室や施設内での文化サー クルなど文化活動を促進。多目的アリーナ(体育館)・武道場においては、当行の強みである剣道やバドミントンといっ た運動部の活動強化やレクレーション等の活性化を図り、豊かな人間性を育みます。さらに、広大なルーフガーデンを つくり、多目的アリーナ・図書室・歴史資料室等の屋内施設を地域へ開放し、交流の場としての提供を目指します。

施設イメージ

西日本FHで広がる無数の未来。自らキャリアデザインして可能性を広げて欲しい。

『ココロを尽くす。』この言葉こそ当行行員の想いであり、皆さんにも持っていただきたい精神です。接するのは企業でなく人であり、人と人の関わりがすべての中心にあります。そのため当行では、中期経営計画でも『人間力の向上』を掲げており、平成29年2月には最新の研修設備や自主学習施設、図書館、体育館、宿泊所を完備した「ココロ館」を竣工しました。芸術やスポーツ、その他さまざまなことに触れることで、社会人として人として大きく成長し豊かな人間性を獲得してもらう、これが当行の人づくりであり魅力のひとつだと考えています。また、将来のキャリアを自らデザインできる環境が整っているのも当行の大きな特長です。未来のキャリア選択は無数にあります。途中で新たな目標が出てくるかもしれませんし、子育てとの両立を目指す人もいるでしょう。チャレンジ精神を持って自らの可能性を広げて欲しいです。当行は、西日本FH(フィナンシャルホールディングス)の設立により、既存の金融グループでは不可能であった新たなビジネスモデルやフィンテックなど時代の変化にも柔軟に対応できる土壌が構築されました。FHを通じて先進的な金融ビジネスに挑戦できる強みを活かし、『総合力No.1の地域金融グループ』を目指します。その実現のためにも、皆さんに大切にして欲しいのは2つのソウゾウリョクです。どんなビジネスがあるのか、お客さまはどう考えているのか思い描く「想像力」。もう1つは、新しいものを創り上げる「創造力」。自ら考え、自ら行動できる人に期待しています。

人事部長 中村公俊