教育・研修

教育・研修制度

西日本シティ銀行では、「自己啓発」・「OJT」・「集合研修」の3本柱で、行員の育成を行っています。

  • 自己啓発

    文字通り、自ら問題意識を持って、自分自身で自分の能力を開発していくことです。自分自身に投資を行い、キャリアアップを目指してもらいます。

  • OJT

    一人前に仕事ができるようになるまで、先輩や上司がついて教育します。実際の業務を通じて、スキルアップを目指すことができます。

  • 集合研修

    階級別研修や業務別研修、コンプライアンス関連研修など、新人の間だけでなく、さまざまな種類の研修で断続的に行員の育成を行っています。

お客さまに一番近く、地域に貢献し、期待に応える人づくりを。

西日本FH(フィナンシャルホールディングス)では、当行の源泉かつ飛躍の原動力となる若手行員のココロを育み、
					鍛え、地域の人々のココロも豊かにしていく場として、新たに「ココロ館」を設置します。(平成29年2月竣工)

ココロ館は、「人間力の向上」をテーマに、研修施設・独身寮・体育館や文化関連施設等を兼ね備えた人財育成施設です。300人を収容できる大ホールをはじめ、模擬店舗やPC・端末研修室等の最新の設備を完備。自己啓発を促進する学習室等の環境を整え、当行の将来を担う人財を育成します。また、図書室・歴史資料室や施設内での文化サークルなど文化活動を促進。多目的アリーナ(体育館)・武道場においては、当行の強みである剣道やバドミントンといった運動部の活動強化やレクレーション等の活性化を図り、豊かな人間性を育みます。

施設イメージ