「人生100年時代」の資産づくり

〜これからの人生を豊かに過ごすため、今知っておきたい3つのこと〜

かつては、100歳まで生きることは大変珍しいことでした。しかし、生活水準の改善や医療の進歩などを背景に「多くの人が100歳まで生きることが当たり前」となる時代が近づいています。
そんな「人生100年時代」の到来に向けた、将来必要なお金のことなど、知っておきたい3つのポイントをお伝えします。

「長生き」水準はどんどん高まっています

平均寿命の推移

日本人の平均寿命は伸び続けており、今後も伸びが予想されています。

平均寿命の推移

100歳以上の人口

100歳以上の人口は、2050年には53万人程度となる予測です。

100歳以上の人口
日本人の平均寿命はまだまだ伸び続ける予測なんだね。お父さん、お母さんにも、100歳まで長生きしてほしいなぁ。

将来必要なお金はいくら準備すればいいの?

リタイア後は、貯蓄を「取り崩す」生活へ突入!

引退後、夫婦二人が生活していくのに必要なお金は月約27万円程度。公的年金だけでは約6万円不足する計算になってしまうため、毎月この金額を取り崩していく必要があります。

年金だけでは月に約6万円足りない!

不足分を補うのに将来いくら必要?

毎月6万円ずつ取り崩す生活を35年(65歳で引退後、100歳まで)続けた場合、合計で2,500万円必要となります。

老後が35年続くと仮定していくら必要なのかというと…約2,500万円必要!
将来のために2,500万円も準備しないといけないんだ!少しずつでも準備を始めた方が良さそうだなぁ…

必要なお金を今から準備しよう!

実際に資産を準備できている人の割合は?

将来必要になりそうなお金は2,500万円程度ですが、60歳以上世帯の実に約66%の人がその金額を持っていないというデータもあります。

【65歳以上世帯の金融資産】高齢者世帯の2/3が2,500万円未満

時間と運用の力を味方につけて、今からコツコツ準備しよう。

例えば月々3万円ずつ積み立てながら将来の資金を準備しようとする場合、運用せず積み立てるより、年利4%で運用することができればより大きな違いが生じます。

【長期運用の魅力】小額でも長く運用した方が有利!
ただ積み立てるだけよりも、高い利率で運用できれば、将来大きな効果が期待できるんだね!

おトクな制度を活用して将来の準備をはじめよう!

資産を増やすポイントは、「積み立て」、「投資」、そして「節税」です。

この3つを同時にかなえられるのが、老後資金を積み立てながら節税できる『iDeCo(個人型確定拠出年金)』と『NISA(少額投資非課税制度)』です。

国の制度を活用しながら、マイペースに将来の準備を始めてみませんか?

つみたてNISA iDeCo
私たちが将来の準備をしやすいような制度がどんどん始まっているんだね。さっそく、お父さん、お母さんにも教えてあげよう!

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ダイレクト営業室
0120-714-117

【受付時間】平日9:00 〜 20:00 まで
(ただし銀行休業日を除く)

※携帯電話からもご利用いただけます。

インターネットバンキング

  • NCBダイレクト ログイン
  • サービスのご案内
  • 法人ログイン
  • 主要手数料一覧
  • 金利・為替相場
  • 店舗・ATM
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問・各種お手続き