投資信託のリスクとリターン

投資信託のご留意事項(必ずご確認ください)

リスクとリターンの関係を理解し、運用に役立てましょう!

リスクとは? ~リスクとリターンの関係~

投資の「リスク」とは、損をすることだけを示すのではなく、利益が出たり、損をしたりする「価格の振れ幅」のことをいいます。大きなリターンを期待すればリスクも大きく、リスクを小さくしたければリターンも小さくなります。

リスクとリターンの関係図

投資信託の主なリスク

リスクにも色々な種類があります。どんなリスクがあるか確認しておきましょう。

株価変動リスク

株価は、政治や経済情勢、企業業績、市場の需給関係等を反映して変動します。組み入れ銘柄の株価が下落した場合には、基準価額が下落する要因となります。

金利変動リスク

債券の価格は、金利に大きな影響を受け、一般に金利が上がると債券の価格は下落し、金利が下がると債券の価格は上がります。(値動きの幅は、残存期間、発行体、公社債の種類等により異なります。)

為替変動リスク

日本円以外の外貨建て商品(米ドルやユーロ等)で運用する際には、通貨の交換レートの変動により資産価値が増減する場合があり、これを為替リスクといいます。

信用リスク

債券等の発行体の財務状況または信用状況の悪化、倒産等の理由により、債券の元本や利息の支払いが滞ったり、支払い不能が生じた場合等には基準価額が下落する要因となります。

リート(不動産投資信託)の価格変動リスク

リート(不動産投資信託)が保有している不動産からの収益の減少や災害等の被害による価値下落、不動産に係わる法制度の変更、市場の金利上昇等が価格の下落する要因となります。

コモディティ(商品)の価格変動リスク

コモディティ(商品)の価格はそれぞれの商品の需給関係や為替、金利の変動など様々な要因で大きく変動します。また、それぞれの商品の需給は景気、環境、天候、農業生産、貿易動向、資源開発、技術発展、政府の規制・介入、生産者や企業の政策、投機家の動向など様々な要因で変動します。

※上記の主なリスクは一般的なリスク要因を記載したものであり、ファンドのすべてのリスクを網羅するものではありません。詳細は各ファンドの最新の投資信託説明書(交付目論見書)を必ずご確認ください。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

ダイレクト営業室
0120-714-117

【受付時間】平日9:00 ~ 20:00 まで
(ただし銀行休業日を除く)

※携帯電話からもご利用いただけます。