投資信託の種類

投資信託のご留意事項(必ずご確認ください)

投資信託は「株式」「債券」「不動産投資信託(REITリートリート)」などの資産に投資できる金融商品です。代表的な資産とされる「株式」「債券」「REIT」の3資産を、「国内」と「海外」に分けると6種類。複数の資産を組み合わせる「バランス」を含めて、7種類が投資信託の主な種類となります。

投資信託の種類

投資対象となる資産の特徴

ここで、一度「投資信託」からはなれて株式や債券等の一般的な特徴を整理しておきましょう。

株式

一般企業が投資家から資金を調達するために発行するものです。

株式の説明
  • 投資資産の成長性が期待できる
    株式に投資すると、企業の業績や景気が良かった場合、値上がり益が期待できます。
  • 値上がり益以外の楽しみがある
    配当による収入や投資した企業の「株主優待」といった楽しみもあります。
  • インフレに強い傾向
    株式は、預金・債券に比べ物価動向への反応が一般的に強く、インフレにも強い傾向があります。
債券

国や一般企業などが資金を調達するために発行するものです。

債券の説明
  • 安定した利子収入が期待できる
    一般的には、償還までの間、定期的に利子が支払われます。
  • 投資資産の安定性が期待できる
    債券には満期があり、あらかじめ何年後に額面金額を返すかが決められています。
  • 発行体により信用が異なる
    債券の安全性は、発行体にお金を返す力があるかにより決まります。
リート

投資家から集めた資金でオフィスやマンションなどの不動産を購入し、運用する投資信託です。

リートの説明
  • 安定した賃料収入が期待できる
    リートの配当金は賃料収入等に基づいており、安定した配当が期待できます。
  • 投資資産の成長性が期待できる
    経済の状況がよかった場合、リートに組入れている不動産の価値や賃料収入が上昇することで、リート価格の値上がり益にも期待できます。
  • インフレに強い傾向
    配当の原資となる賃料は、物価の上昇にあわせて上昇する傾向があり、インフレに強い傾向があります。

※上記はイメージ図であり、全てを説明しているものではありません。

債券・株式・リートにおける売買損益はお客さまに帰属します。
将来の市場等の値動きや投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

ワンポイント

もし、海外の資産に投資すると?

海外の資産に投資すると、為替が変動すれば資産の価値も変動することになります。

たとえば

1ドル100円の時に100万円投資した場合

1ドル100円の時、100万円投資した場合

※上記はイメージ図です。為替の手数料等のコストや税金および資産の価額変動等は考慮しておりません。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

ダイレクト営業室
0120-714-117

【受付時間】平日9:00 ~ 20:00 まで
(ただし銀行休業日を除く)

※携帯電話からもご利用いただけます。