銀行の実力

国内トップレベルのサービスを、地元九州から。

地銀トップレベルの営業基盤

西日本シティ銀行は、九州域内に176か店、全国に183か店の店舗を
展開しています。海外には、香港・上海・ソウル・シンガポールの4か所に
駐在員事務所を設置しています。
また国内・海外あわせ9行の金融機関と提携。
幅広いネットワークとグループ総合力で、
多様なニーズに対応しています。

全店舗185か店(内九州域内178か店) 2017年9月30日 現在

「九州No.1バンク」を目指して

総資産や預金、貸出金などの業績は、
全国の地方銀行の中でもトップクラス。
そのなかでも、総貸出金の約9割は九州域内への
貸出です。西日本シティ銀行は、地元の企業・個人の
お客さまに信頼され、ともに栄える「総合力No.1の
地域金融グループ」を目指して、日々努力しています。

九州・沖縄企業のうちメインバンク企業数全国第1位 ※2015年 帝国データバンク調べ

お客さまの数だけ、ニーズがある。挑戦する価値がある。

もっとお客さまのお役に立ちたい。どんな悩みにもお応えしたい。そんな想いから、私たちはサービスの強化や、新たな分野への取り組みを絶えず行っています。

地方創生に取り組んでいます

国内外の提携金融機関と連携しながら海外拠点を活用し、グループ各社の連携をさらに強化することによって、より広域かつ深度ある国際ビジネス支援を行っていきます。

企業の海外進出を支援しています

西日本シティ銀行は、これまで数多くの中小企業とともに成長の歩を進めており、上場企業へと成長したお取引先も多数。創業に関するコンサルティングを行い、起業家同士の交流を図る場として、「NCB創業応援サロン」を設置しており、創業を目指すお客さまを専門スタッフがきめ細かにサポートします。

「人生まるごとサポート」を掲げています

政府が推進する地方創生に資するため、13の地方公共団体と「地方創生に関する包括協定」を締結、10の大学と「産学連携協力に関する協定」を締結する等、地公体・大学との連携を進めています。また、福岡県内の働き方改革を推進するため、福岡労働局と「働き方改革に係る包括連携に関する協定」を締結しています。

多様なデジタルチャンネルによるサービスメニューで新たな価値を提供しています。

スマホアプリ「西日本シティ銀行アプリ」

西日本シティ銀行アプリの機能拡大

◎2018年8月、車購入、旅行等の目的別貯蓄機能を追加。
◎2018年12月、カードローン口座照会機能、Android指紋認証機能等を追加。
◎2019年1月、当行預金口座から電子マネーサービス「LINEPay」及び「PayPay」等へチャージできる機能の提供開始に伴い、画面上に各種サービスへ直接アクセス可能なバナーを追加。
◎本アプリを標準モデルとして、全国の地域銀行25行※が採用(2019年1月末現在)。

※西日本シティ、北海道、青森、岩手、東北、七十七、仙台、秋田、北都、荘内、足利、千葉興業、横浜、北越、長野、北陸、福井、福邦、静岡、京都、池田泉州、鳥取、愛媛、四国、大分

預金口座照会
預金の残高・入出金明細の照会
カードローン口座照会
カードローンの残高・利用明細の照会
収支管理
月次・日次の収支管理
目的別貯蓄
自分で金額・期限を決めて目的毎に貯蓄
税公金支払
カメラを使って税金の支払い
電子マネー
各種電子マネーサービスへ直接アクセス
アプリトップ画面の画像
アップルストアのボタン
アンドロイドアプリのボタン
ホームページ(HP)のサービス機能
各種問合せ
チャット形式で回答する自動応答システム「チャットボット」導入により、HP上で、24時間365日いつでも質問に自動回答
ローン申込
HP上で、一部ローン商品の申込みを受付け
セミナー・相談会申込
HP上で、各種セミナーや相談会の申込みを受付け
伝票作成
HP上で、入出金・振込伝票を作成
外国送金依頼書作成
HP上で、外国送金依頼書を作成
各種情報提供
個人インターネットバンキング「NCBダイレクト」
振込・振替
ウェブ上で、いつでも、どこでも振込・振替
ローン変更
ウェブ上で、住宅ローンの変更手続き
資産運用
ウェブ上で、投資信託・外貨預金の購入・解約手続き
セキュリティ
高度なセキュリティを構築
ATM
振込
ATM稼働中の振込みは、15時以降も当日扱い(当座預金は除く)
ローン申込
ATMで、一部ローン商品の申込みを受付け
九州ATMネットワーク
九州地銀10行間は、引出し・振込みの手数料が無料
(月~金、8:45~18:00
コンビニATM
全国のコンビニATMが利用可能