行員インタビュー INTERVIEW

経営者の夢を共有してともに歩いていく

経営者の夢を共有してともに歩いていく

経営者の夢を共有してともに歩いていく

門司駅前支店 渉外営業 梶原 知洋

西日本シティ銀行を選んだ理由

大学で経済を学んでいたので、金融機関への就職を考えていました。地元に貢献したいという想いもあったため、福岡に本店を構える銀行への就職を志望しました。企業説明会や面接で接する行員の皆さんの人柄に惹かれたというのが当行を選んだ理由。うまく言葉では伝えにくいのですが、心地のよい“温かさ”を強く感じたことが、入行の決め手になりました。

現在の業務とやりがい

担当エリアの企業や個人事業主の方に向けて、融資の提案をするほか、経営に関するアドバイス、金融情報の提供などを行っています。私の提案内容とお客さまのニーズが合致して、経営が上向くなどの結果につながった時が何より嬉しい瞬間。お客さまの業種が多岐にわたるため、お客さまとの会話を通して各業界の仕組みや裏側を知れるという点も、営業ならではの面白さだと思います。

仕事を通じて学んだこと

融資などの提案をするにあたって、第一歩となるのが「お客さまを深く知る」ということです。企業についての情報、業界の動向、経営者の人柄など、お客さまについての理解を深めることで、内容の濃い提案へと発展していきます。そのため、お客さまとはビジネスライクな内容だけでなく積極的にコミュニケーションを図り、会話のなかから情報を掴むように意識しています。

今後の抱負について

地方銀行でありながら、スケールの大きな仕事ができるというのは当行の魅力。仕事の規模や幅を広げていきたいと考えています。「お客さまのために」という同じ方向を向いて皆が仕事をしているので、お客さまに寄り添う提案であれば、上司から否定されることなく自由にやらせてもらえます。やる気を買ってくれる社風なので積極的にチャレンジして、お客さまの役に立っていきたいです。

真価に向き合う。

ENTRY

ページトップボタン