行員インタビュー INTERVIEW

さまざまな角度から企業を応援し地域を盛り上げる

さまざまな角度から企業を応援し地域を盛り上げる

さまざまな角度から企業を応援し地域を盛り上げる

八幡駅前支店 渉外営業 米倉 桃子

西日本シティ銀行を選んだ理由

接客や営業など、オフィスワークだけではなく外に出て人と話す機会がある仕事を探していました。その一方で、地元で働き続けたいという希望もありました。そのため銀行でも営業職を志望していましたが、当行に「地域総合職」というコースがある点に注目。転居がない分職種が限られる地域特定職、転居を伴う総合職だけではなく、転居せずにキャリアアップが図れる地域総合職があることに魅力を感じて入行を決めました。
※現在、地域特定職の募集はありません。

現在の業務とやりがい

融資を中心に、資産運用、ビジネスマッチング、M&Aを含めた事業承継など、さまざまな提案を行っています。億単位の金額が動く案件も珍しくなく、「銀行で働いている」という実感を存分に味わえる仕事です。経営者の方と接する機会が多いので、人生の学びにつながる話をたくさん聞けるというのは、営業ならではの面白さ。資金繰りをサポートして、その企業の経営が軌道にのった時などに、やりがいを感じています。

仕事を通じて学んだこと

窓口担当の頃は、私個人の判断で対応できる仕事が中心でしたが、今は一人では完結しない案件ばかりです。スケジュールの調整、意思疎通の方法、他部署に動いてもらうための事前準備など、組織における仕事の進め方を学ぶことができています。「今できることはすぐにやる」が私のモットー。些細なことでもスピード感をもって対応し、何かあれば相談してもらえる関係づくりを心掛けています。

後輩の指導役として

新入行員研修に先輩行員として参加したり、同じ支店の若手行員の指導係を任されることが増えてきました。後輩に強く伝えているのは、「お客さまを見る」ことの大切さ。若手の頃は緊張したり余裕がなかったりして、一方的な提案になりがちです。視野を広く持ち、お客さまの想いを汲み取ることができる銀行員になってほしいと思っています。私自身も広い視野で日頃から後輩の様子を観察し、変化に気付いてあげられる存在になりたいですね。

真価に向き合う。

ENTRY

ページトップボタン