行員インタビュー INTERVIEW

経営者の想いを誠実に受け止めM&Aを成功に導く

経営者の想いを誠実に受け止めM&Aを成功に導く

経営者の想いを誠実に受け止めM&Aを成功に導く

法人ソリューション部 城戸 諒治

西日本シティ銀行を選んだ理由

経済学部出身ということもあり、金融業界への就職は選択肢の一つでした。メガバンク、信託銀行、地方銀行それぞれの話を聞いてみましたが、同じ金融業界でも肌で感じる企業の印象は、それぞれ異なるもの。その中で、最も人間味のある温かな雰囲気を感じたのが当行でした。加えて、どこで働くかという観点で考えた際に、生まれ育った福岡に根差して地域に貢献できる仕事ができるのであれば、それがベストだと考えました。

現在の業務とやりがい

店舗での窓口業務や渉外営業を経て、現在の部署へと異動し、M&Aに特化した業務を行っています。M&Aは後継者がいないなどの理由で譲渡を検討している企業と、事業の拡大をめざしている企業とをマッチングさせる仕事です。お客さまの間に立ち、双方の要望を聞きながら条件面を交渉し、契約締結をめざします。長期間にわたるプロジェクトだからこそ、無事にまとまった時の達成感は大きいですね。

仕事で大切にしていること

M&Aは単にいくらで企業を買収する、されるという金額の話だけでなく、売り手、買い手それぞれの経営者の想いをしっかりと受け止めることが大切です。時には経営者の“声にならない内なる想い”を、代弁者として主張することも私の役割です。お客さまごとに気を配るべきポイントが異なり、仕事に正解やマニュアルがないというのはM&Aに限った話ではありません。渉外営業 の時に培ったお客さまへの対応力は今も活かされています。

西日本シティ銀行の魅力

M&Aを進めるためには、企業を売りたい、買いたいという情報をいかにキャッチするかがカギとなります。その点、当行は地域に密着し、各支店の渉外営業担当がお客さまと深い関係を築いているからこそ情報が入ってきやすく、また、当行への信頼がスムーズな契約にも良い影響を与えています。加えて、福岡、九州のみならず他のエリアの地方銀行などともネットワークを構築しており、情報が得やすいという点も当行の強みといえるでしょうね。

真価に向き合う。

ENTRY

ページトップボタン