先輩紹介

あの人のところへ行こうと思い浮かべてもらえる存在になりたい

2012年入行/資金証券部 決済統括グループ 主任 池邉 隆輔

溝上 美帆
西日本シティ銀行を選んだ理由は?
大学では理系の学部を専攻しており、そこで学んだ知識が活かせると考え、株や債券などマーケットに携わる仕事に興味を持っていました。証券会社への就職も考えたのですが、融資などもっと幅広い金融業務に携わりたいと考え、銀行を志望しました。また、OB訪問した際の「やる気があれば挑戦させてくれる会社だよ」という先輩の言葉が決め手となり、当行に入行しました。
ニューヨークに行かれていたと聞きましたが?
入行後もさまざまな業務を経験しながら、マーケットの本質を学びたいと勉強を続けてきたことが認められ、昨年1年間ニューヨークトレイニーを経験させてもらいました。トレイニーでは現地法人の証券会社に派遣され、社内外向けの市況レポートの作成や企業分析などの実務を経験しました。米国の経済やマーケット動向を直接肌で感じることで、実践的な相場感を培うことができました。また、現地のトレーダーやアナリスト、エコノミストの方々と意見交換をする機会も多く、マーケットをさまざまな目線で観察するスキルを身につけることができました。
現在の仕事内容は?
資金証券部の決済統括グループで、決済業務を行っています。具体的には、当行の資金繰り、対外報告書や決算書に係る書類の作成などを担当しています。基本的な業務はある程度ルーティン化されているのですが、国内外の金融規制の変化に合わせて即座に対応を考える必要があります。絶えず変化していく環境のなか、コタエがないものを自分たちの判断で決定していかなければならないこともあります。自分でコタエを導くことは難しいですが、やりがいを感じています。
仕事で大切にしていることは?
この仕事は、知識があるかないかが特に重要だと考えています。配属当初は、上司が業務内容をわかりやすく説明してくれても、そもそも説明に出てくる単語すらわからないといった状況でした。それ以来、知らないことがあればそのことだけを調べるのではなく、関連することまで理解できるよう徹底的に勉強することを大事にしています。ニューヨークトレイニーでも自分が理解できるまで徹底的に勉強したことで、充実した研修生活を送ることができました。誰よりも多くの知識を得られるようこれからも勉強していきます。