先輩紹介

山中 康子

金融サービスにとどまらない、銀行業務の付加価値を高めていく

2014年入行/国際部 国際ビジネス戦略グループ 野間 ゆり

Uターン就職を選んだ理由は?
私は関西の大学出身ですが、地元九州の発展に貢献できる仕事がしたいと思っており、また、大学時代から韓国に興味があったため、ソウル駐在員事務所をはじめ複数の海外駐在員事務所を設けている当行を志望しました。九州と海外の橋渡しになる仕事をしたいと思ったことが当行を選んだ理由です。
現在の仕事内容は?
国際ビジネス戦略グループで、海外進出を目指すお客さま向けのセミナーや研修の企画・運営、外国為替業務においてより多くの収益を生み出すための仕組み作りを行っています。今は、外貨定期預金の商品企画などに携わっています。企画業務は、ひとつの企画を成功させるのに数か月単位で動き、その間、複数の部署や海外を含む外部機関の方と関わり合い、「次の一手」を考えながら進めていきます。難しさはありますが、ひとつの企画が無事終わったときは達成感があります。
必要なスキルは?
国際部というと、「語学力が必要ですか?」と尋ねられることが多いのですが、それ以上に大切なのは「正しく理解し、伝える力」です。長期間、メールや電話のやりとりだけで企画を進めなくてはならないことも多いので、関係者間で問題意識、目指す方向性を正しく共有し伝えることはとても重要です。確かに英語でやりとりすることも多々ありますが、こうした仕事での実践を通して語学力は自然と身に付いていくものだと実感しています。
西日本シティ銀行の魅力は?
当行の魅力は、地域密着でお客さまのサポートができること。毎年実施しているビジネス英語スキル習得のための研修では、お客さまと当行の行員が一緒にオーストラリアで学んでいます。そういう良い意味でのお客さまとの距離の近さは、当行ならではだと思います。また、参加したお客さまから「とてもためになった」「実際の仕事で役立てている」とお喜びの声をいただけると、もっと喜んでもらえるような仕事をしようと次へのモチベーションになります。