春休み期間中に「金融リテラシー教育イベント」を開催

 当行では、春休み期間中の3月31日・4月1日の2日間に亘り、福岡市科学館で開催された“国内外で最も注目を浴びている “「ワークショップコレクションin福岡 2018」(※1)に参画し、「金融リテラシー教育」への取組みとして”お金のがっこう“等、さまざまなイベントを開催しましたのでご紹介します。

※(1)…「ワークショップコレクションin福岡2018」・・・東京・仙台・大阪など、全国各地で開催され、最大10万人の来場を誇る、子どもたちの学びにつながる「ワークショップ博覧会」

イベント① 第12回“お金のがっこう”「お金のクイズ大会!」
~クイズに正解しお金を貯めよう~

 会場のメインステージでは、12回目となる“お金のがっこうを開催しました。今回は「お金のクイズ大会!~クイズに正解しお金を貯めよう~」と題し、小学生(9歳~12歳)を対象に、行員が講師となり、お金や銀行にまつわるクイズを出題しました。子どもたちはクイズに正解するごとに「貯金箱にお金を貯める」という体験を通して、お金や銀行について、楽しく学習しました。

“お金のがっこう“「お金のクイズ大会!」

~参加した子どもたちからの感想~

  • 「お金の流れがわかった」
  • 「貯金が面白かった」
  • 「銀行の役割がわかった」
  • 「お札がどこで作られているのか知ることができた」
  • 「お金は大切にしなければいけないと思った」

イベント②「銀行の窓口体験をしてみよう!」

 会場内の当行常設ブースに設置した「ワンク出張所」では、銀行の入出金業務を行う窓口体験や1億円の重さ体験のほかに、銀行店舗を360度見ることが出来るVR体験などを行い、2日間延べ900名の子ども達が参加しました。

ワンク出張所の様子
1億円の重さ体験
VR体験

イベント③「段ボールでダイヤル式金庫をつくろう!」
(協力:大国段ボール工業㈱)

 当行行橋支店お取引先である大国段ボール工業㈱とのコラボレーションにより段ボールでダイヤル式金庫を作るワークショップを開催しました。参加を希望する子どもたちが多く開場15分で受付終了になるなど、大人気のコーナーとなりました。参加した子どもたちは、「ダイヤルを作るのは難しいなぁ」など、講師の寺澤社長と会話をしながら熱心に段ボールを組み立てていました。

大国段ボール工業㈱
寺澤社長によるレクチャー
ダイヤル式金庫
各々の暗証番号で開錠出来ます

イベント④「ワンクぬり絵コンクール」表彰式

 今年の干支「戌年」にちなんだ「ワンク祭り」の取組みのひとつとして募集した「ワンク」を題材とした「“ワンク”ぬり絵コンクール」は、全国から518通の応募があり、グランプリ・準グランプリ・審査員特別賞に選ばれた子どもたちを会場のメインステージで表彰するとともに、作品を当行常設ブース内に展示しました。

ぬり絵作品の展示
表彰式の様子
立体化した置物