外貨預金とは

外貨預金とは、日本の通貨「円」ではなく、外国の通貨で預ける預金のことです。
外貨預金をするために用意した円は、日々決められた為替相場で計算して外貨に替えられ、利息も外貨でつきます。
引出すときは、通常は外貨建ての元本と利息を円に戻します。
このとき、為替相場が有利に動いていれば為替差益を得ることができますが、
不利に動いていると、円での受取金額が預入時の金額を下回る(円ベースで元本割れとなる)可能性もあります。

メリット

金利が高い

外国の通貨の方が円よりも金利が高い傾向にあるので、円預金よりも高い金利が期待できます。

為替差益が得られる

預入時よりも払戻時の為替レートが円安の場合に為替差益が得られます。

リスク

為替差損による元本割れリスク

預入時よりも払戻時の為替レートが円高の場合に為替差損を被ります。

為替手数料がかかる

外貨預金のお取引には所定の為替コストがかかります。買いレート(TTS)と売りレート(TTB)に差があるために、外貨に替えてすぐに円貨に戻すと、損失が出ます。この、2つの為替レートの差が外貨預金の為替手数料に相当します。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ダイレクト営業室
0120-714-117

【受付時間】平日9:00 ~ 20:00 まで
(ただし銀行休業日を除く)