2019年5月7日
福岡ルネッサンス 第1回 NCBプロムナードコンサートの開催

 当行は、5月7日、関連財団の福岡文化財団と共催で「福岡ルネッサンス 第1回NCBプロムナードコンサート」をあいれふホールで開催しました。
 このコンサートは、1986年(昭和61年)に開始した「プロムナードコンサート」が4月に400回に到達したことと、当行の創立15周年を機にリニューアルしたもので、第1回目は、地元出身のピアニスト吉田あかねさんと九州交響楽団のメンバーにより、ショパン作曲「ワルツ第1番」やシューベルト作曲「ピアノ五重奏曲」など4曲が演奏されました。
 第1回にふさわしく、明るく華やかな音楽に、会場は公募による約250名の拍手喝采の渦に包まれました。