西日本シティ銀行の積立投資信託

西日本シティ銀行の積立投資信託で

「資産形成」はじめてみませんか?

積立投資信託とは、お客さまが指定された投資信託を、月々1,000円から自動的に購入できるサービスです。

投資信託は、今が高値なのか安値なのかを知ることはできません。そこで、タイミングをずらしながら定期的に投資信託を購入していくことで、“高値で一気に購入してしまうリスク”を減らし、“安値で購入するチャンス”を逃がさないようにします。

Q&A Q&A

積立投資信託について動画でわかりやすく解説! 積立投資信託について動画でわかりやすく解説!

  • アニメでわかる資産運用~積立投資篇~(三井住友DSアセットマネジメント)

    (※)三井住友DSアセットマネジメントのホームページに移動します。

  • 投信積立とは?(桂宮治)(ニッセイアセットマネジメント)

    (※)ニッセイアセットマネジメントのホームページに移動します。

年金や預金だけに頼った資産形成では、

ゆとりあるセカンドライフが困難になってしまいました。

昔と今比較 昔と今比較

お金の価値はインフレにより、目減りする可能性があります。

たとえば1年間で2%のインフレとなった場合、
今は100万円で買えるものが1年後に102万円となり、100万円では買えなくなってしまいます。

インフレイメージ インフレイメージ

  • ※上記はあくまでイメージであり、元本の安全性および将来の成果を示唆・保証するものではありません。

そんな今だからこそ、

積立投資信託でコツコツお金を育てましょう!

~よくあるご質問~

  • Q&AQ&A
  • Q&AQ&A
  • Q&A 投資信託口座開設アプリ Q&A 口座開設アプリ
  • Q&AQ&A

初心者の方でも無理なく月々1,000円からはじめられる投資。

西日本シティ銀行の積立投資信託がオススメ!

  • (POINT1)月々1,000円からスタートOK! 投資信託口座開設はコチラ
  • (POINT2)時間の分散効果(ドル・コスト平均法)でリスクを低減!
  • (POINT3)長期投資●●投資する期間が長いほど値動きの幅を抑えることが期待されます。
  • (POINT4)インターネットバンキング(NCBダイレクト)なら来店不要でお申込み! NCBダイレクトのお申込みはコチラ

ドル・コスト平均法とは

1回にまとめて購入するのではなく、回数を分けて同額ずつ投資する方法です。時間を分散して購入することで、購入価格が平均化されます。結果、“高値で一気に購入するリスク"を減らし、“安値で購入するチャンス”を逃がさない効果を期待できます。

ドル・コスト平均法
  • ※局面によっては(例えば、ファンドの価格が長期にわたって下降トレンドをたどるなど)、投資効果が期待できない場合があります。ドル・コスト平均法は将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。上記はイメージ図であり、実際の値動き等を示すものではありません。購入口数の計算は少数第1位を切り上げ、平均購入単価の計算では少数第1位を四捨五入して算出しています。また、計算過程において税金・手数料等は考慮しておりません。実際の算出とは異なります。

「積立投資信託」の効果

Aファンドが下記のような値動きをした場合

10年後の積立評価額はいくらになっているでしょう?

「積立投資信託」の効果 「積立投資信託」の効果
  • Aさんの場合
  • Bさんの場合

このように長期間にわたり、時間を分散し購入していくことで、長期価額が下がっても値動きの幅を抑えることができます。目先の値動きにとらわれずに、長期の支店での投資を心がけましょう。 このように長期間にわたり、時間を分散し購入していくことで、長期価額が下がっても値動きの幅を抑えることができます。目先の値動きにとらわれずに、長期の支店での投資を心がけましょう。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

ダイレクト営業室
0120-714-117

【受付時間】平日9:00 ~ 20:00 まで
(ただし銀行休業日を除く)

※携帯電話からもご利用いただけます。

インターネットバンキング

  • NCBダイレクト ログイン
  • サービスのご案内
  • 法人ログイン
チャットでご質問にお答えします
  • 主要手数料一覧
  • 金利・為替相場
  • 店舗・ATM
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問・各種お手続き